トヨタの残クレは法人でも使えるのか?

トヨタの残クレ、正確には残価設定型プランは個人だけではなく法人の利用も可能なのでしょうか。また法人の利用が出来る場合には、個人の契約と何が異なるのでしょうか。

 

 

トヨタの残クレは法人契約出来る?

 

トヨタの残クレでは法人契約が出来るのでしょうか。残クレと言うとどうしても個人の利用のイメージがありますが、法人でも契約することが可能です。

 

法人の場合は残クレを利用するよりもリースを用意する方が多くなる傾向があります。

これは残クレでは走行距離の制限が厳しいものになりがちであるという問題があるためでしょう。

 

法人の方でも残クレを利用することは出来ますが、トヨタでは法人の方にはリースをすすめているようです。

 

 

個人契約と法人契約の違い

 

では、トヨタの残価設定型プランでは個人契約と法人契約の場合は何か違いがあるのでしょうか。残価定額型プラン、つまり残クレの場合には特に大きな違いはありません。

走行距離の範囲が大きい方を選択することにはなるでしょう。

 

トヨタリースやトヨタレンタカーのように法人契約による割引などはないようです。

これは残クレの性質によるもので、個人の利用の場合でも法人の利用の場合でも特に車の状態に差がないことや、走行距離によって残価が変わってしまうことから、残クレの利用は個人に向いているものだからでしょう。

 

残クレのような新車に乗り換えていくプランは、法人にとってはそれほど求めている内容ではないことも、大きな割引などがない理由かもしれません。

 

 

ローンで購入する場合との違いとは

 

法人がローンで購入するのではなく、残クレを利用するメリットはあるのでしょうか。

またローンで購入する場合と、何が違うのでしょうか。

ローンで購入するのに比べ、残クレでは月々の支払額を抑えることが出来ます。

さらに車両の価格に関する情報を記載しやすいメリットもあるでしょう。

 

買い取り額がおおよそ決定しているため、経費の管理がしやすいというメリットがあるのです。

 

ローンでの購入時には減価償却率の計算を行うことにはなりますが、それでも買い替えを前提としている場合には管理しにくいと感じてしまうかもしれません。

そうした問題も解決でき、台数が多くても管理しやすいのがいいですね。

 

 

残クレよりもリースが勧められていますが、法人の残クレ契約にもメリットは存在しています。

 

個人の利用が多い残クレですが、利用の仕方は色々あるでしょう。

法人での利用は少ないですが、利用している会社もありますので、やはり利用方法に適している方法であるかどうかをしっかり判断したいですね。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ