トヨタの残クレの月々支払額を具体例でチェック

残クレの場合は、月々の支払額が安くなると言いますが、どのくらい安くなるのでしょうか。残クレの支払い実例やシミュレーションを見ながら解説していきます。

 

 

トヨタ残クレの月々の支払い額

 

トヨタの残クレの月々の支払い額は、ローンを組んだときと同様、1回目は若干支払額が多くなるものの、その後は一律です。

 

途中で高くなることはありませんので、安心して残クレを利用しましょう。

 

残クレの月々の支払い額は車両本体価格に税金、諸経費から残価を引き、そこに利息が掛かったものです。言葉では難しいですので、簡単な式にしてみましょう。

 

(車両本体価格+税金諸経費)ー残価=月々の支払い総額

 

つまり初めから買い取って貰える金額を引いて分割払いにするため、月々の支払い額が抑えられるということになります。

 

 

残クレ利用時のシミュレーション

 

実際に残クレを利用した場合に、どのような支払い内容になるのかシミュレーションしてみましょう。

 

トヨタの残クレでは金利も残価率も販売店や車種によって異なりますので、残クレの契約をする際には必ず自分自身で販売店とシミュレーションを行ってください。

ここでは金利も残価率も、おおよその数字で行います。

 

例えば、人気のあるヴォクシーでシミュレーションを行ってみましょう。

 

ヴォクシーの車両本体価格、そして税金や経費を合計した金額は231万1千405円です。

これを金利5パーセント、残価率30パーセントで計算してみます。

 

頭金ゼロでボーナス払いなしの場合ですと、月々3万4千700円の支払いになります。

48回支払った時に買い取って貰うか、または一括で購入するかになりますが、一括で購入する場合には、101万7千10円の支払いになります。

 

月々の支払額が非常に安くなっているのが特徴で、これならヴォクシーの新車に乗れると感じる人も多いのではないでしょうか。

 

 

残クレを利用した場合とそうではない場合の比較

 

上記と同条件で残クレを利用せずにローンを組んだ場合はどうなるのでしょうか。

この場合は月々の支払額が5万7千500円になります。

先ほどと同条件なので頭金もボーナス払いもありません。

 

しかし48回支払いが終わった後には、支払額は残っていませんので、継続して車に乗ることも可能です。

 

 

このようにトヨタの残クレでは月々の支払額が少なく、負担が少ないのが特徴になります。

月々の負担が少ないために、ワンランク上の車に乗ることも出来るメリットがあります。

 

ただ比較して分かるように分割払いが終わった後は売却または一括支払いを行うことが前提になりますので、そのことは忘れずに頭に入れて置いてくださいね。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ