トヨタの残クレの具体的な計算方法を公開

トヨタの残クレを自分自身で計算する場合どのようにするべきなのでしょうか。

またトヨタでは金利などが公表されていませんが、計算することは出来るのでしょうか。

 

 

 

トヨタの残クレの計算方法とは

 

トヨタの残クレの大きな特徴として挙げられることですが、金利や残価率、残クレ対象車は販売店ごとに異なります。そのためトヨタの残クレは個人で計算しにくくなっていると言えます。

 

そのためトヨタの残クレの計算を行う場合は、それが大まかな数字であることを理解しなければなりません。

 

おおよそ金利は5パーセント、残価率は30パーセントであると言われていますが、販売店により差が出てくるものであり、これら数字の差は全体に大きく影響を与えるので、慎重に計算し、必ず販売店に確認しましょう。

 

 

実例で見る計算方法

 

トヨタの残クレは、自分自身で計算しにくいですが、実例で計算方法を理解するのもいいでしょう。ここでも実例から、金利や残価率を考えてみましょう。

 

実例でおおよその金利や残価率が知りたい場合は、必ず購入希望車で行ってください。

なぜなら車の種類によっても金利や残価率は異なるからです。

では、人気のヴィッツを見てみましょう。

 

ある販売店では、ヴィッツの場合は金利が5パーセント、残価率は35パーセントになっているようです。

 

つまりおおよその計算をする場合には希望する車両本体価格に税金や諸経費を含めた合計金額の65パーセントの金額に5パーセントの利率を含め分割払いしていくことで、月々の支払い額と残価がどのくらいになるのか分かります。

 

ややこしい計算ですが、トヨタは残クレのシミュレーションは販売店に問い合わせたりすることで出来る仕組みですので、自分自身で計算してみることも大切なのです。

 

 

残クレを利用する前にはシミュレーションを行なおう

 

しかし実際に残クレで購入を考えている場合は必ずシミュレーションを行うようにしてください。ではヴィッツで実際にシミュレーションしてみましょう。

 

車両本体価格また税金や諸経費を含めた金額が136万6千289円だった場合、頭金やボーナス払いなしで残クレのシミュレーションを行ってみると、48回払いで月々の支払いが2万8千円であることが分かります。

 

では同条件でローン払いの場合はどうなるかと言いますと、月々の支払い額は3万4千円になります。残クレの場合にはその後、46万7千930円を一括支払いすることで続けて車に乗り続けることが可能になります。

 

 

トヨタの残クレの計算方法はこのような仕組みになっています。

実際に計算する場合は金利と残価率に注意してください。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ