トヨタの残クレの具体的な支払い例を確認

トヨタの残クレの支払方法が分かりにくいと感じている方もいるようです。

ここではトヨタの残クレの支払方法について解説していきます。

 

 

残クレの支払方法とは

 

残クレの支払方法は基本的に残価を設定し、その残価を引いた金額を分割払いで支払い、3年や5年という契約年数が経過した後にその車を買い取って貰うか、または一括で購入するかになります。

 

トヨタの残クレの支払方法が分かりにくいと感じる方の多くは残価率や金利が表示されていない事に不安を感じるのでしょう。

 

確かにトヨタは他社とは違い、金利や残価率は一律ではないために分かりにくいものになっています。

 

トヨタの残クレは車種や期間によって金利や残価率が変動します。

 

そのため支払い方法自体が分かりにくくなってしまいますがシミュレーションを行うことで金利も残価率も分かりますので、より具体的に考えがまとまるようになるでしょう。

 

 

一括支払いとの違い

 

トヨタの残クレは一括払いと何が違うのでしょうか。

よく仕組みを理解し始めると、一括支払いと同じようなメリットが見え始めるので、その違いが分かりにくいと感じることになります。

 

トヨタの残クレと一括支払いの違いは、やはりまとまったお金を用意できるかどうかが大きなポイントになります。

 

残クレは月々の支払いを抑えて安く乗ることが出来るのに対し、一括支払いでは一括で支払うことによって価格を抑え、下取りなどを利用して再度新車を安く購入するというものです。

 

新車を一定のサイクルで安く乗ることが出来るというメリットは同じですが、やはりその支払い方法は大きく異なります。

 

残クレは初期費用も抑えられ、月々の支払いも抑えられることが最大のメリットであり、選ばれる理由なのです。

 

 

 

ローン支払いとの違い

 

残クレはローン支払いとどのような違いがあるのでしょうか。

よく残クレでは自分の物にならないために、リースと一緒であると考える方がいます。

しかしローンを組んだ場合でも返済を終えるまでは販売会社が所有者になっているため、そういった点では差はありません。

 

しかし決定的に違うのは利率や残価の有無ではなく、車の利用方法でしょう。

残クレでは車の利用方法が制限されます。

 

走行よりはもちろんカスタマイズも出来ませんので、多くの距離を走る場合では同じように3年または5年後に売却を考えている場合でもローンの方がお得でしょう。

 

ローンに比べて残クレの場合、ある程度の残価が決定している安心感もありますし、ローンと比較すると金利も安く設定されていることが多いです。

 

 

このようにトヨタの残クレの支払い方法には特徴があります。

この特徴を正しく理解し利用しましょう。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ