トヨタの残クレで買った車で事故したらどうなる?

残クレでは3年または5年後の残価を設定し、残価を残した金額を分割支払いし、その後設定した時期に買い取って貰うかまたは残価を一括購入するというものです。

 

では、残価の分安く分割払いを行っている状態で事故に遭ってしまったらどうなるのでしょうか。残クレでの支払いを続けられるのでしょうか。

 

 

トヨタの残クレと事故

 

トヨタの車を残クレで購入している場合、事故に遭ってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

トヨタの残クレを利用中に事故にあったからと言って、すぐに残クレが利用できなくなるわけではありません。

 

トヨタの残クレは事故によって契約が解除になるものではいためです。

 

 

事故の場合の支払い方法

 

事故に遭った場合、車が損傷してしまうということになりますが、この修繕費はすべて契約者が支払うことになります。

 

また事故によって車体の評価額は低下することは免れませんので、その下がってしまった分も契約者が支払うことになります。

 

修繕費は修繕が必要になった時点で、さらに評価額が下がり残価が低下した場合は、3年または5年後の買い取りや一括支払いを決定する際に支払うことになります。

 

つまり100万円の残価があるとされていた車の残価が、事故によって50万円になったら、50万円多く支払うことになると言うことです。

 

さらに、万が一事故によって車が全損してしまった場合には、残クレで毎月支払いを行ったのちに残価を支払うのではなく、事故で全損になった時点で一括での支払いを求められます。

 

これは残価が1円も見込めないため残クレでの支払いが困難なためです。

 

 

ローン払いや一括払いの場合との違い

 

ローンや一括払いの場合でも修繕費は必要になった時自分で支払うことになるでしょう。

残クレとローンや一括支払いで異なるのは、残価が低下した額をまとめて支払うというところでしょう。

 

ローンで購入した場合や一括で購入した場合は事故に遭って車が損傷して評価額が下がってしまった場合は、売却せずに乗り続けるという選択が出来ますが、残クレの場合は新しく分割契約をするなど、金利も高くなってしまう可能性もあります。

 

また全損の場合はローンや一括支払いの場合でも大きく損はしますが、一括で車体価格を支払う必要はありませんので、そういった意味では残クレの支払方法は事故に遭った際には大変かもしれません。

 

残クレを利用する場合はしっかりとした車両保険に加入し、事故などの対応も行えるようにしておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ