トヨタの残クレってどんなの?内容は?

トヨタの残クレとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

良く耳にするようになった残クレですが、実際にその意味を理解している方は少ないでしょう。

ここではトヨタの残クレについて解説していきます。

 

 

トヨタの残クレの詳細

トヨタの残クレとは残価設定型プランのことを指しています。

 

残クレとは残価設定クレジットの略称で、残価設定プランによる購入方法になります。

残価設定型プランと聞いても、具体的にどのようなものなのか想像しにくいですよね。

 

残クレとは3年や5年後に車を買い取って貰う計画で月々の返済額を抑えて車を購入することになります。

 

残クレをイメージしやすいように少々高いですが1200万円の車を購入すると考えましょう。

本来1200万円の車を購入し3年でローンを組んだ場合は、1年で400万円返済しなければなりません。

 

利子なども計算しなくてはなりませんが、およそ35万円の返済になります。

 

しかし残クレでは3年後に400万で買い取って貰えることが決定していますので、1年の返済額はおよそ270万円程度になり、1か月の支払い額は22万円程度です。

 

残クレに乗っている場合、3年後には売却するかあるいは一括で購入しなければなりませんので、ローンとは違うものではありますが、乗り換えを行うこと前提で購入するのであれば、問題ありません。

 

買い替えを考えていない場合は、最初は安く分割払いで費用を抑えられ、のちに一括払いを行う方法であるという理解であっても間違いではありません。

 

 

残クレはお得なのか?

 

残クレについて一番気になるのは、その仕組みではないかもしれません。

結局のところ残クレはお得なのでしょうか。

残クレのメリットは、月々の費用を抑えながら新車に乗ることが出来ることでしょう。

どうしても新車の購入は初期投資が大きく、購入を躊躇う原因でした。

 

そのため残クレにより低額に抑えられた新車に乗ることが出来るのはうれしいものです。

お得かどうかと言えば、新車を乗り換えて乗りたい方にとって、また初期にかかる費用を抑えたい方にとっては非常にお得になっています。

 

 

 

残クレの注意点とは

 

残クレの注意点と言えば、あらかじめ設定していた年数が経過した場合には基本的に車を買い取って貰うか、一括で購入する必要があるというところです。

 

残クレを正しく理解していない人では、時期が来たら再び分割払いにして車に乗り続けたいと考えている方がいます。

 

しかしこれは基本的には行うことの出来ないものですので注意してください。

 

 

残クレの仕組みを理解し、正しく利用するよう心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ